Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

 

愛車を手放すことはそう何度も経験することではありませんから、正確な情報を手に入れられずに不安になり、そのままにされている方もいらっしゃるのではないかと思います。

しかしながら自動車は所持しているだけで自動車税がかかりますし、駐車場代と合わせると月に数万円ずつ損をしていることになります。そのためできるだけ早く買取の問い合わせをするなど手放すためのお手続きをなさるのがお勧めです。

今回は、フィットを買取してもらうにあたって査定で見られるのがどのような箇所であるかについてご紹介いたします。

 

◎フィットの買収における査定のポイント

フィットは15年以上にわたり人気の車種でホンダを代表する車のひとつです。そんなフィットを査定する際によく見られているポイントについてご紹介いたします。

●新型か旧型か

フィットは長い期間人気の車種だということもあって、しばしばモデルチェンジが行われています。

特にフルモデルチェンジになりますと、もともとの車種はその後査定額が大きく低下する傾向があります。

そのため、こまめに情報をチェックして、新しいモデルが発売される直前のタイミングで手放すのも作戦のひとつとしておすすめです。

●三つの車用品

本革シート・純正カーナビ・サンルーフ、この三つはメーカーオプションの装備であり、お持ちでない方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、この三つ全てがそろっていると高額な査定が臨める傾向にあるので、ひとつだけ欠けているというような状態でしたら、中古で調達するのも良いかもしれません。

●走行距離

概して走行距離が少ないほど査定額が高くなりますが、とりわけ5万キロメートルに達しているか否かが大きな分岐点であるとされています。

査定額が大きく下落する前、つまり5万キロメートルに達するまでに売りに出してしまうのも良いでしょう。

●何色か

フィットにはボディーカラーも様々な種類がありますが、白色については特に人気が高いこともあって査定価格も高くなる傾向があります。

査定時に高く売ることを視野に入れて購入されるという段階であれば、白色の購入がお勧めです。

 

◎最後に

今回はフィットの買取における査定ポイントについてご紹介いたしました。

弊社は50年以上にわたって中古車、廃車の引き取りをいたしております。

お手続きに不慣れな方にも安心してご利用いただけるよう親切丁寧に対応いたします。

買取のご依頼・査定に関するご相談などがございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせくださいませ。

買取事例に当社で買取させて頂いた詳細情報を掲載しております。ぜひご確認ください。   http://osakahaishacenter.com/carexample/