Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「自家用車の傷が目立つので廃車か買い取りに出すべきか迷っている」
「廃車に出すべきか見極められない」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
廃車や買い取りに関する知識がないと、どうすべきか判断が難しいですよね。
そこで今回は、車の傷を修復させるべきか、廃車や買い取りにだすべきかを見極るための方法をご紹介します。

 

□廃車する基準を知ろう

廃車、買い取りに出すべきかどうかを見極めるためには、以下の基準をしっかり確認する必要があります。
項目ごとに説明していきます。

*総走行距離

以前までは、総走行距離が10万キロになると廃車するべきだと言われていました。
しかし、近年の急激な技術の進歩によってその基準となる総走行距離が変わってきました。
最近の自動車は、総走行距離が10万キロで壊れる車はほとんどありません。
気をつけて乗っていれば、15万キロほど走っても大丈夫でしょう。
しかし、総走行距離が20万キロを越えると、やはりガタが出始めますので、この時期に廃車を検討してみてはいかがでしょうか。

*車検

車検は2年に1回行われます。
月額に換算すると約4000円となります。
今乗っている車にこの金額を支払う価値がないと思うのであれば、廃車や買い取りに出すことを検討するべきではないでしょうか。

*修理代

修理代が新車の金額よりも高くなってしまう場合、その車を保有せずに廃車や買い取りに出すことをおすすめします。
しかし、その自動車に対する愛着から、その自動車を手放したくない方もいらっしゃると思います。
その場合は保有してもいいと思いますが、そのような理由がなければ早く売却することをおすすめします。

*修理部品がない

かなり古い自動車の場合、修理したい部分の部品がないということがあります。
その場合は、早く廃車や買い取りに出してみてはいかがでしょうか。

*維持費

自動車には維持費がかかります。
それは車検代だけではなく、保険料やガソリン代などたくさんあります。
この費用はかなり大きな負担になります。
自動車を保有することによって得られるメリットよりも高いと感じたら、廃車や買い取りに出すことを検討しましょう。

 

□まとめ

自家用車のキズを修復させるべきか、廃車や買い取りにだすべきかを見極める方法をご紹介しました。
廃車に出す前に、買い取りに出してみて車に価値があるかどうかを確認することを忘れないようにしましょう。
当社は多数の廃車買い取り実績があります。
もし、廃車や買い取りへ出す場合は、当店へお気軽にお越しください。