Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

車を買い替える時、今乗っている車をどうしますか?下取りか買い取りか悩むところですよね。
それぞれに利点があり、これを知っていれば、自分にあった良い買い替えができるでしょう。
今回は、下取りと買い取りの選び方についてご紹介します!

そもそも下取り・買い取りとは?

下取りとは、新車を購入することを条件として、使っていた車を買い取ってもらうことです。
買い取り金額の一部を新車購入の代金に充てることができます。

下取りは会社によって減額基準が異なります。
買い取りは、乗っている車を中古車販売店や解体業者などに売って現金を得ることです。

下取りの特徴

最大のメリットは、「手間と時間が省ける」ということです。
車の売却と購入が一緒に行えるので、手続きが簡単です。
この手続きはディーラーが仲介してくれるのでスムーズにでき、ディーラーとの信頼関係が気づけます。

また、今乗っている車から新車への乗り換えが同じタイミングなので、車が手元にないという状況になりません。
今乗っている車と同じメーカーの車を購入する場合、他のメーカーよりも査定額が高くなることがあります。

また、新車を値引きすることは難しいですが、下取り額の交渉によっては新車をより安く買えることもあります。

買い取りの特徴

買い取りの最大のメリットは、下取りよりも高い金額で買い取ってもらえるということです。
ネットから簡単に一括査定ができるため、複数の中古車販売店や解体業者から見積もりを取ることができます。
思わぬ高値で買い取ってもらうこともあり得ます。

また、下取りでは0円買い取りもしくは廃車費用が請求されるような、廃車寸前の車や事故でぐちゃぐちゃの車であっても、特に解体業者であれば買い取ってもらえます。車に必ず値段がつくということです。

下取りに向いている方

買い取り業者を探したり考えたりするのが面倒。
車の売却に時間をかけたくない。
ディーラーとの信頼関係を大切にしたい。

買い取りに向いている方

できるだけ高く買い取って欲しい。
オプションにかなりこだわりがあり、時間もお金もかけた。
愛車を高く評価して欲しい。

修理歴や事故歴があり、下取り額に期待できない。
かなりの事故車で、ディーラーだと逆に処理費用がかかってしまう。

まとめ

あなたにはどちらの方が合っていますか?簡単にまとめると、「下取り」は「時間・手間」を重視する方。
「買い取り」は「金額」を重視する方。満足した新車買い替えをするための大切な選択です。
優先したいことを明確にすると良いお買い物につながるでしょう。