Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

車を買い替えるのに、適したタイミングがあることをご存知ですか?それが13年目なのです。
「でも、どうして13年目なの?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、13年目が車を買い替えるのになぜ適しているのかということについてお話しいたします。

■税金が高くなる

新車登録をしてから、ある一定の年数が経過すると、支払う税金の額が増えてしまいます。
自動車税だと、ガソリン車で13年、ディーゼル車は11年で税額がアップします。

これは、古い車は環境負荷が大きくなるためです。また、その重課税の割合は15%にもなります。1500cc(※cc:排気量)の車の自動車税は年間約35000円ですが、これが13年を超えてしまうと年間約40000円にまで増えます。
さらにこの重課の割合は、13年目以降毎年1割ずつアップしていきます。
加えて重量税も1割増加するため、長く乗れば乗るほどに金銭的負担が増加してしまいます。

■車検費用が高くなる

13年目は、車検を受ける年に当たります。たとえあまり車を使用しておらず、走行距離も少なかったとしても、年月が経てば経年劣化は免れません。
したがって、車検の際に修理や部品交換が必要になってしまい、結果として車検費用が高くなってしまう恐れがあります。

特に前回の車検でタイミングベルトを交換していない場合には、13年目の車検の際にはタイミングベルトの交換をすすめられるのは間違いないでしょう。
そのほかの交換部品の費用も含めると15~20万円ほどかかる可能性があります。
これを機に新車を購入することを検討するのもいいかと思います。

■13年目の車でも売ることはできるの?

13年目が買い替えに適したタイミングであることは、上記で理解していただけたかと思います。そこで気になってくるのが、13年目に突入した中古車を買い取ってもらえるのかということです。
結論から言うと、無料で引き取ってもらうか、よくて3万円程度で買い取ってもらう場合が多いです。

しかし、海外に販売ルートを持っている業者は積極的に査定価格を付けて買い取ってくれるところもあります。
日本車は海外でも燃費が良くて故障が少ないため人気で、こうした理由から思っているよりも高額で買い取ってもらえる場合もあります。
まずは一度査定に出すことをおすすめします。

いかがでしたか?
13年という節目を迎えると、それ以降車にかかる諸費用が増加していきます。
また、古い車は環境にも悪影響を与えます。
こうした理由からも、13年が経過した車は買い替えた方がいいかと思います。
その際今まで乗っていた車は、ぜひ当社にお持ちください。