Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「中古車の査定ポイントってどこ・・・?」とお悩みではありませんか?
そんな方のために、今回は、長い歴史があり箱型のボディが印象的なトヨタのbBを売却する場合の査定ポイントをご紹介します。

□トヨタbBとは

トヨタbBはアメリカンな箱型のボディが特徴的です。
箱型ならではの広々とした車内の空間やシンプルなデザインから幅広い層のドライバーから人気を集めています。
また、もともとカスタマイズされることを前提に開発されており発売当初から色々な種類のパーツが売られています。

トヨタbBは社内音響設備に力を入れており、360度から高音質で音楽を楽しむことができるように設備されています。
こだわりのある設備により、その音響の良さは高く評価されています。

□査定ポイント

トヨタbBを高く査定してもらうためには4つのポイントを押さえることが重要です。

*色

一番無難な白か黒が人気であり高く査定がつくでしょう。
これは車種に限らず、車がかっこよく見える白と黒は需要が高く、高価買取の対象になります。

*装備

ドライブが快適になる、車内環境が快適になるような設備はプラス査定を受けることができます。
例えば、カーナビなどのオーディオ類、エアロパーツなどです。
特にトヨタbBには、エアロパーツを装備している人は多いでしょう。
エアロパーツとは、空気学的に生み出された自動車部品のことです。
走行中の空気抵抗を減らすことと、運転をより快適にしていくことが目的とされています。
他にも、車体の汚れ防止、エンジンの冷却の効果もあります。

*外装

先ほども述べたようにトヨタbBはカスタマイズされることを前提に開発されています。
しかし、査定を受けるときにはこれは減点対象となってしまいます。
車体をカスタマイズするとどうしても傷や跡が残ってしまうからです。
そしてそのカスタムを元の状態に戻す必要がありますので、代金がかかってしまうのです。

*走行距離

走行距離はトヨタbBのような販売が終了している車種の場合、とても重要なポイントです。
トヨタbBの高く査定されやすい走行距離の目安は、1世代目が3~5万km以内、2世代目が2万km以内です。
この目安の数字以内の走行距離であれば、10万円以上も高く売ることが可能な場合もあります。

□最後に

今回は、現在販売されてはいませんが、そのシンプルなデザインから人気を集めてきたトヨタのbBの査定ポイントについてお伝えしました!
基本的に中古車の査定ポイントは変わらないのですが、車種によって着目するポイントは変わるものなのです。
そのポイントを知ることでより高く売ることができますので、しっかり把握しておきましょう。

大阪の大阪廃車買取センターでは、車の廃車や買取、そして解体まで承っております。
使わなくなった車の廃車・買取は大阪廃車買取センターにお任せください!
お問い合わせお待ちしております。

買取事例に当社で買取させて頂いた詳細情報を掲載しております。
ぜひご確認ください。

廃車買取事例