Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

 

メルセデスは外車の中でも知名度が高く人気の車種ですが、故障しやすく燃費が高いというイメージから、年式が古くなると下取りにおいては不利で査定額が低くつけられることが多いです。

そのため、査定でなるべく高い評価を得るためにもチェックされるポイントを知っておくことが一層重要になります。

メルセデスは外車の中でも知名度が高く人気の車種ですが、故障しやすく燃費が高いというイメージから、年式が古くなると下取りにおいては不利で査定額が低くつけられることが多いです。

そのため、査定でなるべく高い評価を得るためにもチェックされるポイントを知っておくことが一層重要になります。

今回は、メルセデスを買収してもらうにあたって、査定で見られるのがどのような箇所であるかについてご紹介いたします。

 

◎メルセデスの買収における査定のポイント

●ボディー

当然かもしれませんが、外観は質の評価の際には欠かせないチェックポイントです。

傷やヘコミがどの程度であるかで評価額も変わってきます。

大きなヘコミはどうにもならないかもしれませんが、かすり傷による塗装の剥げぐらいでしたらご自身でも簡単に補修することができますので、あらかじめ行っておくのと良いでしょう。

●内装

内装の臭いや汚れ具合はご自身が使っている分にはそれほど気にならないかもしれませんが、査定には大きく影響する要素です。

特に喫煙をされている方に気を付けていただきたいのが、たばこの臭いがシートについていないか、ヤニによって汚れているところがないかということです。

こういった汚れはご自身で掃除するだけでもきれいにすることができますし、車用品店に行けば臭い消しなどの道具も手に入れることができますので、少しでも改善して査定に出すことがお勧めです。

●整備点検記録簿と取扱い説明書

整備点検記録簿というのは、その車がそれまでどのようなメンテナンスを受けてきたのかを示した書類で、過去にどのような経歴があったのかを参考にするのに使われます。

取扱い説明書は他の場面でもよく見るものですが、ベンツの操作方法などを記しています。

これらの書類がないと、どのような状態なのかが不明慮になるために査定額を下げられてしまうことがあります。査定してもらう際にはこれらの書類も用意しておきましょう。

 

◎最後に

今回はメルセデスの買収における査定ポイントについてご紹介いたしました。

弊社は50年以上にわたって中古車の引き取りをいたしております。お手続きに不慣れな方にも安心してご利用いただけるよう親切丁寧に対応いたします。

買収のご依頼・査定に関するご相談などがございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせくださいませ。

買取事例に当社で買取させて頂いた詳細情報を掲載しております。ぜひご確認ください。   http://osakahaishacenter.com/carexample/