Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「車の廃車をしなければならなくなったけど、どれくらい費用がかかるのかわからない。」など、お悩みではありませんか?
廃車を考えていても、大体の費用が分からないとなかなか思い切って進めることができないですよね。
そこで今回は、車の廃車にかかる料金の相場についてご紹介します。

・鉄の価値で値段は変わる!

まずは基本的なことですが、廃車を業者に依頼するときにかかる費用はその時の鉄の価値によって変わってきます。
普通自動車には約1トンもの鉄が使われています。
そのため、動かない車や型の古い車でも鉄の価値が高い場合、業者は喜んで廃車の面倒な作業を代行してくれます。
最近では、鉄の価格が高くなってきているため、業者に依頼する場合でもそこまで高額になることはないようです。

○普通自動車の場合
・一時抹消登録
どこまで代行を依頼するのかによって変わってきますが、だいたい一万円程度を目安としておくと良いでしょう。
一時抹消登録をする場合は、自分で行うと印紙代350円のみで行うことができます。

・永久抹消登録

従来は解体費用がいくらかかかることがありましたが、最近では鉄の価格が高くなっています。
そのため、解体費用がかからず、車両本体を買い取ってもらえる場合もあります。
また、距離やお住まいの地域によって変わってきますが、引き取りに来てもらう場合の運送料金は五千円程度を目安にしましょう。
引き取りにクレーン車が必要な場合は、二万円程度の費用がかかります。

○軽自動車の場合
・自動車検査証返納届
自動車検査返納届は普通自動車でいう一時抹消登録のことです。
一時抹消登録と同様に、一万円程度を目安にしましょう。
こちらも自分で行えば、かかる費用は印紙代350円のみです。

・解体返納

解体返納は普通自動車でいう永久抹消登録のことです。
永久抹消登録と同様に、五千円程度を目安にするとよいでしょう。
注意点としては、軽自動車は普通自動車に比べて鉄の使用量が少ないため、買い取り額が普通自動車よりも安くなる傾向があるということです。
引き取り費用についても普通自動車と同様で約五千円、クレーン車が必要な場合は二万円程度となります。

今回は、車の廃車にかかる料金の相場についてご紹介しました。
意外かもしれませんが廃車をする場合、費用がかかるどころかむしろお金をもらえることがあります。
場合によっては、車両買取価格が今回ご紹介したものよりもはるかに高額になることすらあるのです。
鉄の価格が高い今が売り時、廃車のチャンスと言っても過言ではないでしょう。
廃車をお考えの方はぜひ当社までご連絡ください。