Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「廃車の手続きをしようとしている」

「廃車の手続きに必要な書類が知りたい」

 

このような方はいらっしゃいませんか?

手続きする際は、事前にきちんと把握しておきたいですよね。

そこで今回は、皆さんに廃車に必要な書類をいくつか紹介します。

 

□手続きの種類

廃車の手続きに必要な書類は、手続きの種類によって異なります。

種類には、「永久抹消登録」「一時抹消登録」「解体届出」の3つがあります。

 

□永久抹消登録

永久抹消登録とは、自動車を解体している場合や、災害で自動車が使えなくなった場合にする手続きのことです。

 

*手続き代行店

手続き代行店で手続きする場合に必要な書類は下記の通りです。

 

1.所有者の印鑑証明書(発行されてから3ヶ月以内)

2.所有者の委任状(所有者の実印の押印があるもの)

3.車検

4.ナンバープレート(前後面の2枚)

5.「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き

 

これらの5つの書類は必ず必要なので用意しておきましょう。

もし、車検とナンバープレートが返納できない場合は、理由書が必要です。

 

*個人

個人で手続きをする場合は、上記の5つの書類に加えて、手数料納付書、永久抹消登録申請書(及び解体届出書)、自動車税・自動車取得税申告書が必要です。

 

□一時抹消

 

*手続き代行店

 

1.所有者の印鑑証明書(発行日されてから3ヶ月以内)

2.所有者の委任状(所有者の実印の押印があるもの)

3.車検証

4.ナンバープレート

 

店に依頼する場合は、上記の4つの書類が必要です。

また、自動車が盗まれた場合や、車検に記載されている住所、氏名が印鑑証と違う場合は、別途書類が必要です。

 

*個人

個人でする場合は、上記の4つの書類に加えて、手数料納付書、一時抹消登録申請書、自動車税・自動車取得税申告書が必要です。

 

□解体届出

 

*手続き代行店

 

1.所有者の委任状(所有者の認印の押印があるもの)

2.登録識別情報等通知書(あるいは一時抹消登録証明書)

3.「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き

 

店に依頼する場合は、これら3つの書類が必要です。

登録識別情報等通知書を返納できない場合は、理由書が求められます。

また、車検が1ヶ月以上残っている場合は、別途書類が必要です。

 

*個人

個人で手続きを行う場合は、上記の3つに加えて、手数料納付書と永久抹消登録申請書(及び解体届出書)が必要です。

 

□まとめ

以上、廃車に必要な書類をいくつか紹介しました。

廃車にするだけでもたくさんの書類が必要ですね。

手続きを行う際は、事前に上記の内容を把握しておくことをオススメします。