Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

車を日々使われていますか?

車は日々使用することで気づかないうちに劣化していることがあります。
特に消耗品のタイヤ、オイル類は交換が必要になります。
しかし、それらを頻繁にメンテナンスしていると費用が高くなります。
安全、快適に走りたいですが、維持の費用は抑えたいですよね。

そこで今回は大阪のみなさんに車のメンテナンスはどのくらいの時期で行うべきなのかをご紹介します。

 

□車のメンテナンスを行う時期

車のメンテナンスを行う時期はいくつかあります。
今回はそれらを1つ1つご紹介します。

*車検

まずは、絶対に必要な車検です。
2年に1度車の点検を行わなければなりません。それが車検です。
車検を受けていなければ公道(一般的な道)で車を走ることはできません。
車自体の性能に問題がなければ、私有地(誰かが所有している土地)で走らせることは可能です。
これは交通安全のために定められているもので、守らないと罰則があるので注意してください。

*定期点検

次に定期点検です。
この点検は絶対に受けなければならないものではありません。
基本的に1年に1回、6か月に1回のペースで点検があります。
費用がかかるのでわざわざ受けない人も多い点検です。
しかし、車の購入時に定期点検がサービスパックとして料金に含まれていることがあります。
その場合点検にはお金がかからないので受けることをおすすめします。

*日常点検

3つ目は日常点検です。
これは運転免許を持っている方なら聞いたことがあるのではないでしょうか?
ライトが着くか、オイルがあるかなどを簡単に確認する点検です。
この点検は個人でいつでも行うことができます。
毎日行う必要はありあせんが、1週間や1ヵ月などご自分で周期を決めておくと安心して車に乗ることができます。

*違和感を覚えたとき

最後は車に違和感を覚えたときです。
車は便利なものですが、実はたくさんの危険性をはらんでいます。
乗っていて少しでも違和感を覚えたら、すぐにメンテナンスを行ってください。
違和感を放置すると事故につながる可能性もあります。

 

□メンテナンスにかかる費用

ここまでメンテナンスを行うべき時期についてご紹介しました。
そのメンテナンスですが、費用がかかります。
点検だけの場合は6~10万円程度で済むのですが(業者により変動します)、修理や部品交換となると金額は様々です。
まずは、メンテナンスに持って行き見積もりを出してもらってください。

 

□まとめ

今回は車のメンテナンス時期についてご紹介しました。
普段使っているためあまり感じないかもしれませんが、車は危険なものです。
その車を安全に使うためにメンテナンスは重要です。
費用はかかりますが、メンテナンスを欠かさず行うことをおすすめします。