Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「自分で車に傷をつけてしまい、できるだけ安く修理したい」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
自分で事故を起こして修理するとなっても、知識がないと費用の抑え方は分かりません。
そこで今回は、できるだけお金をかけずに修復する方法を5つに分けてご紹介します。

 

□多くの見積もりをとる

修理には基準となる金額があると思っている方は多いのではないでしょうか。
しかし実は、修理の基準となる金額は存在しません。
店舗によって修理方法や部品を調達する方法が異なるからです。
そのため、店舗によって修理の値段が変わってきます。
修理の際は、多くの見積もりを取り、納得のいく金額の業者に依頼することで費用を抑えることにつながります。

 

□中古の部品を使う

当然のことながら新品の部品を使うよりも、中古の部品を用いる方が修理費用を抑えることができます。
最近では新品とほとんど何も変わらない中古の部品が出回っています。

 

□解体屋さんに頼んでみる

解体屋には、修理したい車と同じ車種の車があり、中古の部品を取り出せる場合があります。
確実性はかなり低いですが、問い合わせてみる価値はあると言えます。
この方法であれば、かなり安くできることもあります。

 

□自分で修理する

自分で修理すると費用を抑えることができます。
「自分で修理なんてできるの?」
と思われる方もいらっしゃると思います。
最近では、初心者でも使いやすいようなアイテムが販売されているので、ぜひ利用してみてください。
しかし、大きな破損を初心者が修理することはかなりハードルが高いです。
初心者が修理できるのは、小さな傷や破損でしょう。
そのため、大きな破損の場合は、業者に頼むことをおすすめします。

 

□修理期間を長めにとる

修理をする期間を長めにとることで、費用を抑えられる場合があります。
修理をする業者も、忙しいときは修理の値段を上げていることが多いです。
急ぎの修理でないのであれば、長めに修理期間をとることをおすすめします。
修理期間を長めにとって、少しでも安くしてもらうために交渉をしてみてはいかがでしょうか。

 

□まとめ

今回は、できるだけお金をかけずに修復する方法を5つご紹介しました。
できることは1つでも多くやり、修理にかかる費用を抑えましょう。
車の修理をする際は、この記事を参考にしていただけたら幸いです。
当社ではお問い合わせを受け付けております。
ご相談やお見積もりなどがございましたら、お気軽にご連絡ください。