Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

みなさん、こんにちは。
今の時代、車をお持ちの方は非常に多いかと思います。
しかし、その車も買い替えなければならない、もしくは廃車にしなければならないタイミングはやってきます。

でも、そのタイミングっていつなのでしょうか?
今回は、廃車に適したタイミングについてお話しいたします。

■車を買い替える

車を新しく買い替えるタイミングに合わせて、今乗っている車を廃車にされる方が最も多いです。
車の状態にもよりますが、基本的には下取りに出したり、中古車として売りに出すことができます。

しかし、総走行距離が平均走行距離(普通車で約10,000km、軽自動車で8,000km)を大きく上回っていたり、外装や内装の劣化が激しい場合には、廃車しか選択肢がないこともあります。
ただし、こういうケースはまれなので、まずは業者に依頼して査定していただくことをおすすめします。

 

※総走行距離:車が完成してから現在に至るまでに走行した距離。

 

■走行距離が原因

一定の走行距離を大きく上回って走行した車は、エンジンなどのパーツに不具合が生じます。
一昔前までは、「車の寿命は走行距離10万km」と言われていましたが、今はその限りではありません。

しかし、10万キロメートル以上を走行した車は、寿命が近いというマイナスイメージがつくので、買取価格が高くつく可能性は少ないです。
したがって、そうした車を廃車にされる方もいらっしゃいます。

また、各パーツに不具合が生じた場合、修理費が高くつくこともあります。
特にエンジン部分の「タイミングベルト」というパーツが消耗、損傷している場合には、修理に出すのではなく、廃車にされる方が多いです。

※タイミングベルト:エンジンが正常に動くための空気の移動を管理する重要なパーツです。車が10万km走行する前に交換することが適切と言われています。

■事故が原因

事故を起こしてしまった車は、外装が大きなダメージを受けてしまうだけでなく、見えない様々な部分もダメージを受けてしまいます。
それらの部分を自動車保険で修理できる場合もありますが、保険の等級が下がってしまうため、翌年からの保険料が値上がりしてしまいます。

したがって、新車や高級車でない限り、廃車にしてしまった方がいい場合があります。
特に低年式車(車に乗り始めてから5年以上が経過している)で事故を起こしてしまった方は、廃車にされることが多いです。

いかがでしたか?
上記は廃車に適したタイミングの一例です。
頻繁に車が故障して修理代が高額になっている、車検費用が割高になってきた、メーカーの修理部品の在庫がなくなったなども、廃車を検討するきっかけになります。
いずれにせよ、廃車の前に中古で買い取ってもらえる場合もあるので、確認してみてください。