Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「今まで乗っていた車が廃車になってしまったけれど、うまく処理する方法が分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
早く処理したくても、方法が分からなければ先に進めませんよね。

また、「処理する方法はだいたい決まっているけれど、もっと良い他の選択肢があるならば知りたい」という方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回の記事では、廃車を処理する3つの方法をご紹介します。

 

1.廃車買取センターに引き取ってもらう

廃車買取センターは廃車や事故車を査定し、買い取ってくれる所です。
もし車が大破していても使える部品さえあれば買い取ってくれるため、一度査定を受けてみることをおすすめします。

ちなみに、大阪廃車買取センターでは出張無料査定&引き取り料無料サービスを行っているので、お金の心配をせずに廃車を処理することが出来ます。
ただ他のお店だと、廃車を引き取ってもらう際に輸送費がかかる場合もあるので事前に確認しておくことをおすすめします。

 

2.ディーラーに引き取ってもらう

廃車や事故車は、ディーラーにも引き取ってもらうことが可能です。
ディーラーであれば家からも近く、信頼できる営業マンに任せることが出来るかもしれません。
ただし、廃車買取センターに出すよりも買取金額が安くなってしまい、損をする可能性があるので注意が必要です。

なぜなら、ディーラーも廃車を引き取った後は結局、専門業者(廃車買取センター等)に売却して処理を委託するからです。
ディーラーは専門業者に売却しても利益がでるように査定を行うため、結果的に廃車買取センターに出すよりも買取金額が安くなってしまい、損をする可能性が出てくるのです。
このような理由で、ディーラーに引き取ってもらう場合には注意が必要です。

3.オークションに出す

自分でオークションに出すという方法もあります。うまくいけば、高値で売ることができます。
しかし、この方法には取引が完了するまでに手間がかかるという問題や、トラブル・クレームによる返品のリスクがあります。
そのためあまりおすすめできる方法ではありません。やはり一番良いのは、廃車買取を専門にしている所に頼む方法ではないでしょうか。

いかがでしたか。
今回は廃車を処理する3つの方法をご紹介しました。
車を失うのはつらいことですが、処理の方法を知っておくことで悩まずに行動できます。
また同時に、思わぬ損をすることも防げます。
この記事が、廃車の処理に悩んでいらっしゃる方の参考になれば、幸いです。