Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

廃車を買い取ってもらおうと考えた時、皆様は当然業者選びに直面します。

廃車を引き取る業者は廃車買取業者、ディーラー・中古車販売店が主になります。

今回は、廃車時におけるそれぞれの特徴をご説明致します。

・廃車買取業者

廃車買取業者は文字通り廃車を買い取ることを専門とした業者です。

しかし廃車買取業者の中にも最終処分(解体処分)の許可を持っているところと解体業者とを仲介するだけの業者があるので充分注意が必要です!

ですから廃車買取に関しては、解体業の許可を持った廃車買取業者が断然おすすめです。随分古い車でも、事故車でもしっかりお金が返ってくることがほとんどです。

何故そのようなことが可能なのか、以下の理由にあります。

*パーツのリサイクル
車は基本的に3万点以上のパーツから出来ていて、それぞれオークションで再販したり、違う車の部品として使ったりと再利用する事で利益を上げる事が出来ます。
廃車買取り業者は、パーツのリサイクルノウハウを沢山持っている為、見た目に価値のない車でも買い取る事が出来きます。

*資源の再利用
車は様々な金属部品から出来ており、それらは資源ですので価値があります。

*国外販売
日本車は国外でも高い評価を受けています。廃車買取り業者は、こういった海外への輸出ルートを持っている為、廃車でも買取る事が出来ます。

このように廃車買取業者は、廃車をお金に変える方法を数多く持っています。

また、廃車専門に扱っているので、買取の際に廃車手続きを代行したり、税金の還付手続きがスムーズであったりします

・ディーラー、中古車販売店

ディーラーや通常の中古車販売店は、中古車の買取りや下取りも行っていますが、廃車にはあまり対応していません。

特にディーラーが下取りをしてくれるのは、新車を購入することが前提となっています。

これらの業者が廃車を引き取っても、解体業者に持ち込んで処分を依頼することがほとんどで、仲介手数料を含めて査定額が低くなってしまいます。

また車に値段がつかない場合は手数料や廃車費用が請求されることもあります。

ディーラーも廃車処分の専門家ではないため、手続きに不備があったり、税金の還付手続き等がスムーズに行かなかったりしたなどの意見も少なくありません。

 

廃車処分時には、比較・検討する必要があります。

仮にディーラーで処分をお願いした際に代行手数料等で5万円の費用負担があった場合、廃車買取業者での査定額が0円だったとしても結果的には、廃車買取業者の方が5万円得だったということになります。

廃車処分では廃車買取業者がおすすめという結論になりましたが、他業者とも比較することが大切です。

金田商店は廃車買取を専門として解体業の許可も持っておりますので、是非お気軽にご連絡下さい。