Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「車を使うことがなかなかないし、売れそうにもないから廃車にしてしまおう」など、お考えではありませんか?そういったことを考える前に、一度考えていただきたいのが一時抹消登録です。一時抹消登録を行うことで、一度車の利用を停止しても、車が必要となった時に再登録することで再び公道を走ることができます。そこで今回は、車の一時抹消登録手続きで必要な書類についてご紹介します。

○業者に一時抹消登録を依頼する場合

・車の所有者の印鑑証明書
印鑑証明書とは、住んでいる市区町村役場に登録を行った印鑑の証明書のことです。印鑑証明書は発行日から3か月以内のものでないと有効にはなりません。

・車の所有者の委任状
委任状とは、本来申請を行うべき人が、自ら申請を行えない場合に指定の代理人に権限を委任することで、申請を行えるようにする書類のことです。車の所有者の実印がないと無効となります。その際の実印は印鑑証明書と同じ実印が必要となります。

・車検証
車検証とは、車が国の定める保安基準に適していることを証明する書類のことです。車検対象の車に交付され、その車に関する様々な情報が細かく載っています。

・ナンバープレート
一時抹消登録を行いたい車の前後2枚のナンバープレートが必要です。ナンバープレートが紛失や盗難で返納できない場合は理由書が必要となります。理由書には、盗難の場合だと届け出を出した警察署の名前、届けた年月日、受理番号を記入しなければなりません。

自分で一時抹消登録をする場合

先ほどの書類に追加して、以下の書類が必要となります。
・手数料納付書
手数料納付書とは、名義変更や廃車、住所変更などの各種手続きの際に手数料を納めるための書類のことです。この納付書に必要な手数料に相当する金額の印紙を貼り付けて申請を行う必要があります。運輸支局窓口で用紙を手に入れることができます。

・一時抹消登録申請書
一時抹消登録申請書とは、廃車の証明書である登録識別情報等通知書をコンピュータで発行する際に必要な用紙のことです。正式名称は「第3号様式の2」と言います。

・自動車税・自動車取得税申告書
自動車税・自動車取得税申告書とは、運輸支局で名義変更や廃車手続き、住所変更などをする際に、各都道府県の税事務所に対しても申告するための用紙のことです。地域によってはこの書類は必要ありません。

今回は車の一時抹消登録手続きで必要な書類についてご紹介しました。冒頭にも述べたように、一時抹消登録を行うことで、車が必要となった時に再登録して再び公道を走ることができます。今はあまり使わない車でも転勤や子供の就職などにより、急に必要となることがあります。理由にもよりますが、廃車をお考えの方は車の一時抹消登録を一度検討してみてくださいね。