Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

いつも使っていた車が、事故や故障などをきっかけに廃車になるのはとてもつらいですよね。
しかし、ずっと悲しんでいるわけにもいきません。なぜなら廃車の処理が遅れてしまうと、後々大きな不利益を受ける可能性があるからです。
そのため、車が廃車になった場合は素早い処理が必要となります。

ところで皆さんは、廃車を処理する流れをご存知ですか?車が廃車になることは滅多にないため、「詳しくは分からない」という方も多いと思います。
そこで今回は、廃車を処理する流れをお伝えします。

1.廃車を処理する方法を決める

まずは、廃車を処理する方法を決めます。例えば、廃車買取センターやディーラーに任せるといった方法があります。
その他には、オークションに出品する方法もあります。
ただ、業者ではない方がオークションを使って廃車の処理を行うのは難易度が高いため、業者に任せることをおすすめします。

2.査定

廃車でも、状態によってはお金になることがあります。そのため廃車買取センターやディーラーが査定を行い、処理する廃車にどのくらい価値があるのかを確認します。特に廃車買取センターは部品のみの買取も行っているため、まずは査定を受けてみましょう。

3.廃車の移動方法を決める

廃車を処理する方法が決まれば、その場所まで廃車を移動させる必要があります。
移動方法としては、業者に依頼をして積載車で移動させたり、その積載車を借りて自分で移動させたりする方法があります。
業者に頼む場合は、料金が発生する場合がありますが、無料で行っている会社もあるため、事前に確認を取ることをおすすめします。

4.必要な書類を、業者に提出する

廃車を処理する際には免許証のコピーや車検証、車の所有者の印鑑証明書など、いくつかの書類を提出する必要があります。

5.実際に、業者が廃車処理を行う

上記の通りです。

6.登録事項等証明書、解体証明書を受け取り、完了

業者によって廃車の処理が終わった後、登録事項等証明書や解体証明書が送られてきます。
これらを受け取って、廃車の処理が完了となります。期間はだいたい、1週間〜1ヶ月かかります。

 

いかがでしたか。
以上が、廃車を処理する流れとなります。冒頭にも述べましたが、廃車の処理は早い方が良いです。廃車の処理が遅くなると必要以上にお金がかかる可能性が出てしまうからです。
もしも車が廃車になってしまい、処理に悩んでいる方は、是非この記事をご活用ください!