Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

車を売りに出すとき、買取に出すか、下取りに出すかで迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな方のために今回は、車の買取と下取りの違いと双方のメリットとデメリットについてお話しいたします。

■買取

買取の場合のメリットは、下取りの時よりも高額査定を引き出せることにあります。
基本的に買取業者さんは、車のメーカー、走行距離、年式に関わらず、最大限の査定額を提示してくれます。

中古車店は、お客様の要望に応えるべく様々な車を買い取って、品揃えを豊富にしておく必要があります。
そのため、下取り業者よりも中古車業者のほうが積極的に買い取ってくれます。

また、買取業者は利益を抑えてでも高額査定をして買い取りたいと考えています。
その気持ちを利用していくつかの買取業者に査定を依頼して、比較検討すると思わぬ高額査定が出てくることもあります。

一方でデメリットはというと、手間がかかるということです。
より高額な査定額を求めるには、やはり複数の業者に査定を依頼しなければなりません。

しかし、これが面倒に感じる方もいらっしゃいます。加えて、今乗っている車を売りに出すタイミングを誤ると、車がない状態になってしまう恐れもあります。
それを防ぐために新車の購入と同じタイミングで売りに出すと、今度は査定額が決まらずに資金計画に支障をきたすこともあります。

■下取り

下取りのメリットは、手間がかからないということです。基本的に新車の購入と併せて下取りを行ってくれるので、買取の時のような車がなくて困る、という状況が生まれないのです。

また、車の売買時にはたくさんの書類を用意したり面倒な手続きがあったりしますが、下取りの場合はこの手間を最小限にとどめることができます。
煩雑な手続きが面倒だという方には、下取りはおすすめであると言えます。

一方で下取りのデメリットは、買取業者よりも査定額が低くなる場合が多いということです。
新車も購入することだし、多少は高くつけてくれるのではないかと考える方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。

なぜかというと、下取り業者は他店に車を持っていかれないように高額査定する必要がないからです。
買取業者に比べて受け身な姿勢であることから、高額査定はあまり見込めません。

いかがでしたか?
一見同じように思える買取と下取りですが、こうして比較してみると中身は全く違うことがわかります。
それぞれにメリットとデメリットがありますが、高額で買い取ってほしい方には買取がおすすめであると言えます。
その際は、ぜひ当店のご利用も検討してみてください。