Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「車を修理したいが、修理代が高いので困る」

このように、悩んだことはありませんか?
そのため、車に傷がついても、あまり修理に出さないことが多いのではないのでしょうか?

では、なぜ車の修理代は高いのでしょうか?

そこで、今回は車の修理代が高い理由とその対処法をご紹介いたします。

 

▢車の修理代が高い理由

車の修理代が高くなるのは、部品修理の他に様々な要素が含まれているからです。

*部品修理

場所別の部品修理が費用変動において、最も大きく関連しています。
エンジンのように部品を丸々新しいものに交換せざるを得ないときや、部分修正のみで完了するときのように、様々な場合分けが考えられるからです。
相場としては、例えばドアの場合、傷の修正であれば数万円で抑えられます。
しかし、ドア自体の交換となると、5万から10万円にもなります。
また、エアコンの修理をする際、故障原因が機械系統であれば、2万から3万円ほどかかります。
状況によっては、車自体を新しく買い替える場合も挙げられます。
このようになってしまうと、100万円を超える可能性もあります。
そのため、故障した部品によっては修理代が大きく変動するのです。

*技術料

費用の内訳には、整備士の技術料も含まれています。
この技術料で、人件費や整備士の給料に割り当てられます。
そのため、こちらも部品の状態によっては、費用が大きく左右されます。
相場としては、1時間に8000円かかる具合です。
しかも、この費用は値下がりするのは非常に難しいのです。
なぜなら、利用者の安全性に関わるからです。
修理の質の低下を防止させるためにも、値段を高く設定する必要があるといった背景があります。

▢修理代が高いときの対処法

では、修理代が高いときの対処法として、何が挙げられるのでしょうか?

*小さな民間工場へ

まず、業者選びに注目する方法があります。
その時は、ディーラーよりも安く抑えられる民間工場へ訪れることをおすすめします。
ディーラーは部分修正をするため、一般の修理と比べて安いのは確かです。
しかし、その代わりに技術料が高く、値引きもされにくいという傾向があります。
そのため、民間工場に依頼して修理の原価を安く抑えるという方法があります。

*中古パーツの使用

部品交換を行う修理もあります。
その際は、中古パーツを使えば費用は安くなります。
部品代は、損傷箇所によって値段の相場が大きく変わります。
そこで、中古パーツを使って相場の変動を抑えるのです。
当社では中古パーツの販売もおこなっております、お気軽にお問い合わせください。

 

▢まとめ

このように、車の修理代が高い理由とその対処法をご紹介いたしました。
その他にも、修理代や対処法について知っておくべきことはたくさんあります。

そちらも気になる方は、是非弊社までお問い合わせください。
疑問点も受け付けております。

お待ちしております。