Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

現在多くの方が車を持っており、普段から使っています。
しかし、その分維持費の出費が大変だと感じたことはありませんか?

維持費には、ガソリン代や駐車場代、車検代のように数々の種類があります。
これらを払い続けるのは高すぎると思いませんか?

維持費を安く抑えるにはどうすればいいのでしょうか?

そこで、今回は、車の維持費を安く抑える方法をご紹介いたします。

 

▢維持費を安く抑える方法

維持費を節約するには、様々な方法が挙げられます。

*ガソリン代

これは、車を維持させる上で欠かせないものです。
しかし、燃費が悪ければガソリン代も自然と高くなってしまいます。
一般的には、レギュラーガソリンで1リットル当たり約120円かかります。
これから考えると、満タンにしたら5000円から8000円ほどかかる計算となります。

これを抑えるための一つの方法として、電気自動車に転向することが挙げられます。
1回の充電で満タンにするためには、約300円あれば完了します。
この値段で約300㎞の走行が可能なのです。
また、燃費を抑えて出費を少なくさせるために、ハイブリッド車やエコカーに転向するのも良いです。
その他にも、セルフガソリンスタンドを利用するといったやり方もあります。
燃費向上のために、あえてガソリンを満タンに入れないといった仕方も含まれています。
たくさんのやり方があるので、維持費を節約させるにはガソリン代に注目すればよいということです。

 

*車検代

こちらも、車の維持に必要不可欠なものです。
2年に1度行われる車検を受けなければ、運転許可が降りません。
そのため、必ず出費しなければいけない費用です。
これを抑えるためには、点検や整備費用を安く抑える方法が挙げられます。

車検には、2種類の費用があります。
1つ目は法定費用です。
法定費用とは、どこで車検を受けても同額にかかる費用のことを指します。
これが車検の中で最も高いです。
ここで、検査を受けなければ運転できない流れとなっています。
2つ目は、点検と整備費用です。
検査を受けて整備に問題がないかを確認するのに必要な費用のことを指します。
また、車検代を節約する部分でもあります。
そのために、業者選びが重要となっています。
値段を抑え且つ検査の質が良い業者を選ぶことで、維持費を安くするのです。

 

▢まとめ

このように、車の維持費を抑えるには様々な方法があるとわかりました。
また、これら以外にも維持費を安くする方法はたくさんあります。

そちらも気になる方は、是非弊社までお問い合わせください。

また、疑問点も受け付けております。

お待ちしております。