Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

車を運転する上で、車検は必ず行うものとなっています。
受けるタイミングは決まっており、費用もかかります。
しかし、そのタイミングは人によって違い、費用も普段どれくらい運転するかで大きく変動します。
そこで今回は、車検はいつ出せば良いのか、また、費用はいくらぐらいなのかをご紹介します。
また、車検費用を出すよりも中古車として売りたい方に、中古車買取事業についてもご説明します。

▢車検はいつ?

車検を受ける日程は、車の前面に張り付けているシールを見て確認できます。
しかし、車検をいつ受けたほうが良いのかという面では、別問題です。
ここでは、車検の適切な時期をご紹介します。

そもそも、車検を受ける期間には、期限が決まっておりません。
車検の締め切り日が定められているだけで、満了日までにいつでも受けられるという意味なのです。
つまり、時間のある時に車検を受けられるのです。

しかし、車検にも繁忙期があります。
それは、11月から3月の期間です。
11月は、年末に向けて忙しくなる12月を避けようと、多くの方が車検を受けに行きます。
12月も、年末に店が閉まってしまうため、それを回避するために車検へ行くこともあります。
1月は、年始休みで業者が休んでいる場合が多いため、車検を依頼しても待たされる場合があります。
2月は、最も混み合う3月を避けようとする方々が増えます。
最後に、3月は業者が決算処理で忙しくなるため、車検を受けにくい時期となっています。
このように、車検は4月から10月に行うのが最も良いと言えます。

▢車検の費用と中古買取業者について

車検費用を払うよりも、中古車として買い取りたい方もいらっしゃいます。
その方のために、ここでは、中古車買取業者についても合わせてご説明します。

車検を通すとき、自動車重量税や自賠責保険料といった費用がかかります。
その結果、軽自動車では7万円以上、普通自動車では10万円以上かかると言われています。
そこで、もし中古買取業者に車を売るつもりならば、車検を通さないで売ることをおすすめ
します。
車検の費用や手間を考えると、確実に損をするからです。
中古買取業者であれば、廃車にかかる費用が0円なので、何も通さずに買取したほうが、確実に得だと言えます。

▢おわりに

以上のように、今回は車検の日程と費用、中古車買取事業についてご説明いたしました。
これらを踏まえて、車検について何か分からないところがあれば、是非当社までお問い合わせください。