Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

車をお持ちのみなさん、車検を行っていますか?

長い間車を持っている人は車検を受けることは当たり前に感じるでしょう。車検は2年に1度は行います。
しかし、買ったばかりの人や、車を持って1年目の人の場合、いつ受ければいいのか、どのように受ければいいのかなど分からないことが多いでしょう。

そこで今日は車検の受け方や受けるタイミングについて大阪の方にご紹介したいと思います。

 

□車検とは

簡単に言うと、絶対に受けなければならない点検です。
点検なので、何も異常が無ければ特に修理することや新たに何かを足すことはありません。

受けなければならない理由は安全のためです。
車は日々使うことで劣化しています。
その結果、安全に使うことができなくなります。
その安全が保たれているかを確認するための点検が車検です。
車が正常に走ることは運転手の安全にも関わりますが、周りの車、歩行者の安全にも関わるので、車検は法律で絶対に受けなければならないものと定められています。

 

□車検を受けるタイミング

絶対に受けなければならない車検ですが、受けるタイミングも決まっています。
決まっていなければ毎年受ける人から、何年も受けない人もいるでしょうから安全性にばらつきができてしまうためです。
そこで決められたのは自家用乗用自動車(普段生活で多くの人が乗る車)で2年に1回です。
但し、新車の場合のみ3年で、2回目以降は2年に1度です。

特に注意が必要なのが中古で購入した車です。
購入前にいつ受けたのかを知っておかなければ、車検を受けなければならない時期を忘れてします。
また、車検を受けないで公道(所有地以外の道)を走ると法律で罰せられてしますので気を付けてください。

 

□車検を受ける方法

ここまで車検とはどのようなもので、受けるタイミングはいつなのかをご紹介してきました。
次はどのように受けるのかをご紹介します。
車検は車を扱っているお店の多くが行っています。
最も一般的なものは車を購入した業者に持って行くパターンです。
理由としては、購入したときに車検が安くなるサービスに入っていたり、担当の人が信頼できたりからなど様々です。
購入した業者で車検を行うとシンプルに終えることができ、手間が減るのでおすすめです。

 

□まとめ

今回は車検についてとその受けるタイミングについてご紹介しました。
車を安全に乗り、生活を楽しむためにメンテナンスは必要です。
その中でもどのようなメンテナンスが必要なのかを知るための点検が車検です。
さらに車検を忘れると車を走らせることができなかったり損をしたりします。
そのため忘れずに受けるようにしてください。