Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

いつの間にか自分が所有する土地に放置車両が置いてある…腹立つんですけど!邪魔で自由に土地を使えません。

けれども放置車両を処分するには踏まなければいけない手順があります。どのように手続きすればいいのでしょうか。

放置車両は無断で処分できないの?どうして?

放置車両を勝手に撤去できない理由は、所有者がいるからです。放置されているとはいえ、所有者の財産であることには変わりませんから、処分後に不服を申し立てられると弁償しなければいけないリスクがあります

もう1つネックとなるのが「自力救済禁止の原則」です。トラブルが発生したとき法律で定めた手続きをしないで自己解決した場合は、原状回復や損害賠償しなければならず、刑事罰を受ける可能性もあります。こんなとき警察は、民事不介入を理由に動いてくれません。私有地の放置車両は民事紛争にあたるからです。無断で私有地に侵入した罪(建造物侵入)や土地を自由に使えなくした罪(威力業務妨害)に問えたとしても、公道ではないので罰則はなく、点数も引かれません。せいぜい相手に損害賠償を請求できるくらいです。

まず一番目は所有者を特定する事、所有者確認ができない車は不動車を無料で引き取ってくれる廃車買取業者も難しく、こうした放置車両は処分できません。廃車の手続きにあたっては所有者の実印と印鑑証明書が必要になるからです。
放置されているのが自治体の土地であっても同じですが、一部の自治体では条例をつくって車を処分しやすくしたり、罰金を科せられるようにしたりするなどの対策をしています。

例えば大阪府の「放置自動車の適正な処理に関する条例」は、放置自動車の移動が可能であり、所有者には20万円の罰金を課しています。所有者が分からない車は、知事が廃自動車と認定してから何の申し立てもないまま3ヶ月経つと自由に処分できます。大阪府放置自動車の適正な処理に関する条例https://www.pref.osaka.lg.jp/houbun/reiki/reiki_honbun/k201RG00001231.html

放置車両の所有者は誰なのか?どうやって確認すればいいの?

放置車両の撤去に所有者の同意が必要なのであれば、まずは誰が所有者なのか調べなければいけません。

簡単なのは警察に調べてもらう方法です。ただし先述のとおり、警察は民事不介入ですから事件性が無ければ動いてくれません。そこで盗難されたり、犯罪に使用されたりした車かもしれないとアピールします。その際、ナンバーや車種、色、放置された時期を伝えると良いでしょう。さらに現場の見取り図を作成したり、写真に撮ったり、状況を日誌などで記録したりすれば、裁判になったときの証拠にもなります。ナンバープレートが外されていたら、警察はボンネットを開けて車台番号を調べてくれるでしょう。

同時に警告文を作成してフロントガラスをはじめ、2面か4面以上見えるところに貼りましょう。先ほどの条例がある自治体でも同様の対応をしています。警告文に記載する内容は以下のとおりです。

  • 車両の情報
  • 土地の所有者名と住所、連絡先
  • 車両が放置された日
  • 車両を撤去する期限
  • 損害賠償請求する旨

これで所有者が分かれば、警察は撤去するよう警告されている旨を伝えてくれますが、警察が対応してくれるのはそこまでです。所有者の名前、住所等は個人情報に当たるので教えてくれません、後は自分で対応しなければいけません。

ではどうすればいいのか?この後の対処法は後日(その2)でお伝えします。

「いや、困ってるから早く知りたい!」とお考えの方はお電話いただければ当社放置車両専門担当者が丁寧にご説明いたします。

お急ぎの方は→0120-81-3595まで